スタッフ紹介


武井 寛 プロフィール

顔写真

武井  寛

Takei, Hiroshi


履歴

1986年 山形大学 卒
1996年 山形大学 大学院 卒
1997年 山形大学 助手
カリフォルニア大学サンディエゴ校 整形外科学・研究員 (〜1999)
2000年 山形大学 整形外科 医局長
2002年 山形大学 運動機能再建・回復学分野(整形外科) 講師
2010年 山形大学 整形外科 准教授

研究テーマ

  • 脊椎・脊髄外科:側弯症・脊柱変形 脊髄腫瘍 内視鏡脊椎手術 低侵襲脊椎手術
  • 骨粗鬆症:高齢者脊椎圧迫骨折の治療と予防
  • スポーツ医学:スポーツ選手の腰痛・脊柱の障害

所属学会・研究会

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医 脊椎病医
  • 日本脊椎脊髄病学会 評議員 脊椎脊髄外科指導医
  • 日本側弯症学会
  • 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本パラプレジア学会
  • 東日本整形災害外科学会 評議員
  • 東北整形災害外科学会
  • 日本脊椎内視鏡研究会
  • 東北脊椎外科研究会 平成19年度 当番幹事

その他の活動

  • 山形県体育協会スポーツ医科学委員
  • 山形市体育協会 理事
  • 山形市スポーツ振興審議会 委員
  • 山形大学医学部柔道部 監督
  • 山形大学医学部スポーツクラブ代表
  • NPO法人ライフサポート協会 副理事長
  • 講道館柔道・JUDO America 5段/C級審判員

主要論文等

英文
  • 1) Furukawa T, Ito K, Nuka S, Hashimoto J, Takei H, Takahara M, Ogino T: Absence of biglycan accelerates the degenerative process in mouse intervertebral disc. Spine, 34, E911-917, 2009.
  • 2) Takei H, Sasaki H, Hashimoto J, Chiba K, Sugita M, Ito T: Clinical results for total cervical fusion accompanied with expansive laminoplasty in RA patients with upper cervical instability and subaxial involvement. J Spine Res, 20, 734-738, 2009.
  • 3) Takei H, Sagae M, Chiba K, Ogino T: The long term follow up of surgical treatment for cervical myelopathy with severe nape and upper arm pain caused by the anomalous vertebral artery: case report. Spine 2008, E611-E613.
  • 4) Konno S, Kikuchi S, Tanaka Y, Yamazaki K, Shimada Y, Takei H, Yokoyama T, Okada M, Kokubun S: A diagnostic support tool for lumbar spinal stenosis - a self-administered, self-reported history questionnaire. BMC Musculoskeletal Disorders 2007, 8: 102.
  • 5) Sasaki A, Sasaki K, Konttinen YT, Santavirta S, Takahara M, Takei H, Ogino T, Takagi M: Hyaluronate inhibits the interleukin-1b-induced expression of matrix metalloproteinase(MMP)-1 and MMP-3 in human synovial cells. Tohoku J. Exp. Med., 2004, 204, 99-107.
  • 6) Pioletti DP, Leoni L, Genini D, Takei H, Du P, Corbeil J: Gene expression analysis of osteoblastic cells contacted by orthopedic implant particles. J Biomed Material Res 2002; 61: 408-420.
  • 7) Kwon SY, Lin T, Takei H, Ma QJ, Wood DJ, Sung KLP: Alterations in the adhesion behavior of osteoblasts by titanium particle loading: Inhibition of cell function and gene expression. Biorheology 2001; 38 (2,3): 161-244.
  • 8) Sasaki H, Itoh T, Takei H, Hayashi M: Os odontoideum with cerebellar infarction. A case report. Spine 2000; 25: 1178-1181.
  • 9) Takei H, Pioletti DP, Kwon SY, Sung KL: Combined effect of titanium particles and TNF-α on the production of IL-6 by osteoblast like cells. J Biomed Material Res 2000; 52; 382–387.
  • 10) Pioletti DP, Takei H, Lin T, Van Landuyt P, Ma QJ, Kwon SY, Sung KL: The effects of calcium phosphate cement particles on osteoblast functions. Biomaterials 2000; 21(11): 1103-14.
  • 11) Kwon SY, Takei H, Pioletti DP, Lin T, Ma QJ, Akeson WH, Wood DJ, Sung KL: Titanium particles inhibit osteoblast adhesion to fibronectin-coated substrates. J Orthop Res 2000; 18(2): 203-11.
  • 12) Pioletti DP, Takei H, Kwon SY, Wood D, Sung KLP: The cytotoxic effect of titanium particles phagocytosed by osteoblasts. J Biomed Material Res 1999; 46; 399-407.
  • 13) Suzuki K, Watanabe T, Sakurai S, Ohtake K, Kinoshita T, Araki A, Fujita T, Takei H, Takeda Y, Sato Y, Yamashita T, Araki Y, Sendo F: A novel glycosylphosphatidyl inositol-anchored protein on human leukocytes: a possible role for regulation of neutrophil adherence and migration. J Immunol 1999; 162: 4277-4284.
  • 14) Itoh T, Hayashi M, Takei H, Fueki K: Loosening of supplemental cable in transarticular screw fixation and bone grafting. Journal of Orthopaedic Surgery 1998; 6: 71-74.
  • 15) Suzuki H, Takei H, Ohtake K, Watanabe T, Sendo F: External calcium-dependent, F-actin-independent and pertussis toxin-insensitive novel neutrophil locomotion induced by a mAb. Int Immunology 1997; 9: 763-769.
  • 16) Ohtake K, Takei H, Watanabe T, Sato Y, Yamashita T, Sudo K, Kuroki M, Chihara J, Sendo F: A monoclonal antibody modulates neutrophil adherence while enhancing cell motility. Microbial Immunol 1997; 41: 67-72.
  • 17) Takei H, Araki A, Watanabe H, Ichinose A, Sendo F: Rapid killing of human neutrophils by the potent activator phorbol 12-myristate 13-acetate (PMA) accompanied by changes different from typical apoptosis or necrosis. J Leukocyte Biol 1996; 59: 229-240.
  • 18) Itoh T, Ohshima Y, Ohta Y, Hayashi M, Hiramoto N, Takei H: Arthrodesis of the cervical spine in rheumatoid arthritis. Journal of Orthopaedic Surgery 1995; 3: 39-45.
  • 19) Tsuchida H, Takeda Y, Takei H, Shinzawa H, Takahashi T, Sendo F: In vivo regulation of rat neutrophil apoptosis occuring spontaneously or induced with TNF-a or cycloheximide. J immunol 1995; 154: 2403-2412.
  • 20) Itoh T, Ohshima Y, Ohta Y, Hayashi M, Hiramoto N, Takei H: Arthrodesis of the cervical spine in rheumatoid arthritis. Journal of Orthopaedic Surgery 1995; 3: 39-45.
和文
  • 1) 武井寛、後藤文昭、笹木勇人、橋本淳一、杉田誠、林雅弘:3椎間に行った片側進入両側除圧術の成績 —開窓術との比較— .J Spine Res 印刷中
  • 2) 武井寛、杉田誠、橋本淳一、笹木勇人、長谷川浩士:ケージによる頸椎前方固定術の問題点と対策.J Spine Res 印刷中
  • 3) 鈴木智人、武井寛、尾鷲和也、内海秀明、林雅弘、後藤文昭、橋本淳一、杉田誠、伊藤友一、長谷川浩士:手術に至った骨粗鬆症性椎体偽関節の初期治療.臨整外 2009, 44: 1093-1096.
  • 4) 杉田誠、武井寛、寒河江正明、橋本淳一、長谷川浩士、荻野利彦:背椎硬膜外膿瘍 単独に発症した硬膜外膿瘍と化膿性脊椎炎に併発した硬膜外膿瘍の比較.臨整外 2009, 44: 573-578.
  • 5) 阿部博、武井寛、橋本淳一、杉田誠、古川孝志、吉岡信弥:脊椎圧迫骨折後に新たな圧迫骨折が生じる因子の解析.臨整外 2009, 44: 247-249.
  • 6) 鈴木朱美、武井寛、橋本淳一、荻野利彦:強直性脊椎骨増殖症に対して脊椎短縮術を施行した1例.東北整災誌 2008, 52: 52-55.
  • 7) 武井寛、笹木勇人、橋本淳一、千葉克司、杉田誠、伊藤友一:上位ならびに中下位頚椎病変を合併したRA患者に対する脊柱管拡大術併用全頚椎固定術.脊椎・脊髄神経手術手技 2008, 10(1): 86-90.
  • 8) 石川和彦、太田吉雄、武井寛、杉田誠:後期高齢者脊椎手術後に生じたせん妄症例の検討.臨整外 2008, 43(8): 813-816.
  • 9) 杉田誠、武井寛、橋本淳一、仲野春樹、荻野利彦:超高分子ポリエチレンケーブルを用いたG-rod segmental spinal instrumentation (SSI)の強度特性.臨整外 2008, 43(6): 573-578.
  • 10) 鈴木朱美、武井寛、橋本淳一、荻野利彦:強直性脊椎骨増殖症に対して脊椎短縮術を施行した1例.東北整災誌 2008, 52(1): 52-55.
  • 11) 武井寛、橋本淳一、笹木勇人、千葉克司、杉田誠、仲野春樹、長谷川浩士、荻野利彦:腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術の除圧椎間数別成績.臨整外 2008, 43(1): 65-72.
  • 12) 橋本淳一、武井寛、荻野利彦:骨粗鬆性椎体偽関節に対する後方進入脊椎短縮骨切り術 —超高分子量ポリエチレンケーブルを用いたLuque法—.別冊整形外科 2007, 52: 117-121.
  • 13) 武井寛、伊藤友一、鈴木朱美、高原政利、村成幸、荻野利彦:山形県高校生上位選手に対するメディカルチェック.日本臨床スポーツ医学会誌 2007, 15(3): 379-384.
  • 14) 武井寛、橋本淳一、杉田誠、管原裕史、仲野春樹、林雅弘、笹木勇人:脊髄硬膜動静脈瘻遮断術の治療成績.脊椎・脊髄神経手術手技 2007, 9(1): 162-167.
  • 15) 阿部博、武井寛、橋本淳一、杉田誠、増子邦彦、吉岡信弥:骨粗鬆性脊椎骨折における偽関節発生の危険因子.臨整外 2007, 42(8): 795-799.
  • 16) 武井寛、坂浦博伸、細野昇、吉田裕俊、林雅弘、橋本淳一、杉田誠、仲野春樹:特発性側弯症に対するin situ contouring technique による手術の成績.臨整外 2007, 42(5): 457-463.
  • 17) 仲野春樹、武井寛、橋本淳一、荻野利彦:経頭蓋電気刺激による術中脊髄モニタリングによって前歯の動揺を来した1例.脊髄機能診断学 2006, 28(1): 129-133.
  • 18) 武井寛、橋本淳一、寒河江正明、千葉克司:内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術の安全性の検討.東日本整災誌 2006; 18(4): 415-420.
  • 19) 武井寛、橋本淳一、杉田誠、仲野春樹、荻野利彦:成人ダウン症に発症した脊髄症に対して後頭骨軸椎固定術を行った1例.臨整外 2006, 41(10): 1133-1137.
  • 20) 武井寛、長谷川浩士、太田吉雄、林雅弘、横田実、尾鷲和也、伊藤友一、寒河江正明、笹木勇人、後藤文昭、橋本淳一、千葉克司、古川孝志、石川和彦、杉田誠、内海秀明、荻野利彦:低い術前JOAスコア、高齢および長い罹病期間は頚椎拡大術の成績を悪くする.臨整外 2006, 41(10): 1049-1055.
  • 21) 武井寛、橋本淳一、林雅弘、後藤文昭、千葉克司、荻野利彦:腰部脊柱管狭窄症に対する直視下片側進入両側除圧術の成績 — 開窓術との比較.別冊整形外科 2006, 50: 218-223.
  • 22) 武井寛、林雅弘、笹木勇人、千葉克司、橋本淳一:多発性転移性脊椎腫瘍に対するG-rod SSI.脊椎・脊髄神経手術手技 2006, 8(1): 7-12.
  • 23) 武井寛、長谷川浩司、林雅弘、横田実、尾鷲和也、伊藤友一:80歳代の頚髄症に対する片開き式脊柱管拡大術の成績.東日本整災誌 2006; 18: 37-40.
  • 24) 武井寛、林雅弘、後藤文昭、橋本淳一、千葉克司:腰部脊柱管狭窄症に対する直視下片側進入両側除圧術.臨整外 2006, 41(1): 41-46.
  • 25) 武井寛、林雅弘、尾鷲和也、寒河江正明、橋本淳一、千葉克司:転移性脊椎腫瘍に対する後方除圧・固定術と放射線療法.東日本整災誌 2005; 17: 577-582.
  • 26) 橋本淳一、武井寛、寒河江正明、伊藤友一、荻野利彦:RA患者における頚椎手術.東日本整災誌 2005; 17: 617-622.
  • 27) 長谷川浩士、武井寛、伊藤友一、寒河江正明、後藤文昭、林雅弘:山形大式頚椎脊柱管拡大術の合併症.東日本整災会誌 2005; 17: 125-131.
  • 28) 鈴木勝、武井寛、橋本淳一、安田健一、仲野春樹:術後に持続勃起が生じた脊髄腫瘍の1例.整・災外 2005, 48(10): 1157-1160.
  • 29) 伊藤友一、武井寛:片側進入棘突起形成片開き式拡大術後長期の骨性変化.日本脊髄障害医学会雑誌 2005; 18(1): 76-77.
  • 30) 武井寛、橋本淳一、安田健一:先天性側彎症に硬膜内髄外腫瘍を合併した1例.脊柱変形 2004; 19(1): 224-229.
  • 31) 武井寛、笹木勇人、橋本淳一、千葉克司、伊藤友一:RA中下位頚椎に対するインストゥメントを用いない固定術.臨整外 2004; 39(11): 1445-1450.
  • 32) 武井寛、笹木勇人、橋本淳一、千葉克司、安田健一:in situ contouring techniqueを用いて矯正固定術を行った側弯症の3例.東日本整災会誌 2004; 16: 224-229.
  • 33) 杉田誠、寒河江正明、佐藤政悦、桑添裕光、鳥居伸行、井上林、加藤義洋、武井寛:緩徐に麻痺が上行した頸髄損傷の1例.骨・関節・靱帯 2003; 38(6): 827-831.
  • 34) 伊藤友一、武井寛、林雅弘:片側進入棘突起形成片開き式拡大術の後療法 —術後外固定期間の短縮について—.日本脊髄障害医学会雑誌 2003; 16(1): 144-145.
  • 35) 佐竹寛史、武井寛、橋本淳一、伊藤友一、林雅弘:転移性脊椎腫瘍に対する手術治療 —チタン製改良型 Luque rod (Ti-G-rod) の開発と臨床応用—.東日本整災会誌 2002; 14: 482-488.
  • 36) 古川孝志、武井寛、寒河江正明、橋本淳一、林雅弘:高齢者頚椎症性脊髄症に対する脊柱管拡大術の術後成績.骨・関節・靱帯 2002; 15: 949-953.
  • 37) 伊藤友一、武井寛、林雅弘:術後脊髄腫大をきたした頸髄症の3例 —術後経過を中心に—.日本パラプレジア医学会雑誌 2002; 15: 94-95.
  • 38) 尾鷲和也、林雅弘、武井寛、橋本淳一、石井玲子:脊髄髄膜瘤に伴う高度脊柱後弯変形に対する脊椎骨切り術の1例.脊椎脊髄ジャーナル 1997; 10: 929-932.
  • 39) 武井寛、林雅弘、伊藤友一、橋本淳一、寒河江正明、後藤文昭、太田吉雄、平本典利、横田実、高木信博:胸椎黄色靱帯骨化症手術成績の検討 —患者側からみた満足度を含め—.臨床整形外科 1997; 32: 1359-1365.
  • 40) 武井寛、林雅弘、伊藤友一、橋本淳一、笹木勇人:椎弓形成術にて治療した小児脊髄腫瘍の3例.整形・災害外科 1997; 40: 1253-1258.
  • 41) 橋本淳一、林雅弘、武井寛、横田実:脊椎全摘術を行った第11胸椎血管腫の1例.山形整形外科研究会会誌 1997; 8: 49-53.
  • 42) 林雅弘、荻野利彦、伊藤友一、武井寛、橋本淳一、大島義彦:脊髄髄内腫瘍の手術経験.脊椎脊髄ジャーナル 1997; 10: 1035-1041.
  • 43) 武井寛、林雅弘、伊藤友一、佐藤信彦:片側進入、棘突起形成的(山形大式)頚部脊柱管拡大術.日本パラプレジア医学会雑誌 1997; 10: 56.
  • 44) 林雅弘、荻野利彦、伊藤友一、武井寛、橋本淳一、大島義彦:山形大式椎弓形成術後の頚部後縦靭帯骨化症進展 —3年以上経過例—.脊髄外科 1997; 11: 61-66.