スタッフ紹介


高窪 祐弥 プロフィール

顔写真

高窪 祐弥

Takakubo, Yuya


履歴

1999年 山形大学医学部医学科 卒業
山形大学大学院 医学系研究科 入学(休学)
山形大学医学部附属病院 整形外科 研修医
2000年 労働福祉事業団 燕労災病院 整形外科
2001年 恩賜財団 済生会山形済生病院 整形外科
2002年 山形大学大学院 医学系研究科 復学
2006年 山形大学大学院 医学系研究科 卒業
2007年 山形大学医学部附属病院 整形外科
2010年 山形大学医学部附属病院 整形外科 助教
ヘルシンキ大学バイオメディクムヘルシンキ 留学
2012年 山形大学医学部附属病院 整形外科 助教
2013年 山形大学医学部附属病院 整形外科 講師(現職)
2015年 ヘルシンキ大学短期留学

研究テーマ

  • 骨関節疾患における免疫制御機構の解明
  • 関節リウマチにおける股関節疾患
  • 高齢社会における関節リウマチ治療と病診連携 (やらんなネット)
  • 人工関節の弛みにおける自然免疫反応の役割
  • 非定型大腿骨骨折
  • スポーツ医学

所属学会・研究会

  • 日本整形外科学会 (専門医)
  • 日本リウマチ学会 (指導医)
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本股関節学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本関節病学会
  • 日本骨代謝学会
  • 東日本整形災害外科学会
  • 東北整形災害外科学会
  • リウマチの外科研究会
  • 日本樹状細胞研究会
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本リウマチ財団登録医
  • 厚生労働省科学研究費補助金 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業研究協力員 (2006-2008)

研究助成・受賞

2006年度 日本リウマチ学会APLAR 2006 トラベルグラント
山形ヘルスサポート研究助成
2007年度 東北整形災害外科学会トラベリングフェロー
山形ヘルスサポート研究助成
2008年度 山形ヘルスサポート研究助成
山形大学科学研究費補助金に関する若手教員研究助成
2009年度 山形ヘルスサポート研究助成
日本リウマチ財団海外派遣研修助成
日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業
2011年度 山形ヘルスサポート研究助成
2012年度 山形ヘルスサポート研究助成
文部科学省 基盤C (一般) (研究代表者) (2012-2014:予定)
(微小粒子は関節リウマチの形質細胞様樹状細胞を刺激し自然免疫反応を引き起こすか)
文部省 科学研究費 基盤研究 C一般 (研究分担者) (2012-2014:予定)
(人工関節感染症における自然免疫系受容体TLRとNLRの機能解析)
2013年度 山形ヘルスサポート研究助成
山形大学医学会学術賞 銀賞
2014年度 山形ヘルスサポート研究助成
第42回日本関節病学会学術奨励賞
2015年度 日本リウマチ学会 「JCR-EULAR若手リウマチ医短期トレーニングプログラム」
山形ヘルスサポート研究助成
2016年度 日本股関節研究振興財団トラベリングフェロー(UCSF、ユタ大学、スタンフォード大学臨床研修)
山形ヘルスサポート研究助成

主要論文等

英文
  • 1) Takakubo Y, Fukushima S, Asano T, et al.: Intraarticular fibroma of the tendon sheath in the knee: A case report. Clin Orthop 439: 280-285, 2005.
  • 2) Takagi M, Tamaki Y, Hasegawa H, Takakubo Y, et al.: Toll-like receptors in the interface membrane around loosening total hip replacement implants. J Biomed Mater Res 4: 1017-1026, 2007.
  • 3) Tamaki Y, Sasaki K, Sasaki A, Takakubo Y, et al.: Enhanced osteolytic potential of monocytes/macrophages derived from bone marrow after particle stimulation. J Biomed Mater Res 84: 191-204, 2008.
  • 4) Takakubo Y, Takagi M, Maeda K, et al.: Distribution of myeloid dendritic cells and plasmacytoid dendritic cells in rheumatoid arthritis. J Rheumatol 35: 1919-1931, 2008.
  • 5) Porola P, Mackiewicz Z, Laine M, Barretto G, Stegaev V, Takakubo Y, et al.: Laminin isoform profiles in salivary glands in Sjögren’s syndrome. Adv Clin Chem, 55: 35-59, 2011.
  • 6) Virkki LM, Valleala H, Takakubo Y, et al.: Outcomes of switching anti-TNF drugs in rheumatoid arthritis - a study based on observational data from the Finnish Register of Biological Treatment (ROB-FIN). Clin Rheumatol, 30: 1447-1454, 2011.
  • 7) Tamaki Y, Takakubo Y, Hirayama T, et al.: Expression of Toll-like receptors and their signaling pathways in rheumatoid synovitis. J Rheumatol 38: 810-820, 2011.
  • 8) Tamaki Y, Takakubo Y, Goto K, et al.: Increased Expression of Toll-like Receptors in Aseptic Loose Periprosthetic Tissues and Septic Synovial Membranes Around Total Hip Implants. J Rheumatol 36: 598-608, 2009.
  • 9) Takakubo Y, Takagi M, Tamaki Y, et al.: Mid-term results of joint preserving procedures by a modified Mann method for big toe deformities in rheumatoid patients with undergoing forefoot surgeries. Modern Rheumatol 20: 147-53, 2010.
  • 10) Takakubo Y, Yrjö T. Konttinen: Immune-Regulatory Mechanisms in Systemic Autoimmune and Rheumatic Diseases. Clin Devlop Immunology 941346, 2012.
  • 11) Konttinen YT, Fuellen G, Takakubo Y, et al.: Sex Steroids in Sjögren’s syndrome. J Autoimmun 49-56, 2012.
  • 12) Yang S, Takakubo Y, Kobayashi S, et al.: Minocycline-induced periarticular black bones found in inflamed joints underwent arthroplastic reconstruction. Clin in Ortho Surg. 3: 181-7, 2012.
  • 13) Takakubo Y, Tamaki Y, Hirayama T, et al.: Mid-term clinico-radiologic findings of an open label observation study of add on tacrolimus with biologics or non-biologic DMARDs. Rheumatology Int. 32: 3487-94, 2012.
  • 14) Koivu H, Mackiewicz Z, Takakubo Y, et al.: RANKL in the loosening of total ankle replacement implants. Bone. 51: 546-52, 2012.
  • 15) Takakubo Y, Konttinen YT: Immune-Regulatory Mechanisms in Systemic Autoimmune and Rheumatic Diseases. Clin Dev Immunol. 2012; 941346.
  • 16) Nich C, Takakubo Y, Pajarinen J, et al.: Macrophages-Key cells in the response to wear debris from joint replacements J Biomed Mater ResA, 101: 3033-45, 2013.
  • 17) Kaivosoja E, Myllymaa S, Takakubo Y, et al.: Osteogenesis of human mesenchymal stem cells on micro-patterned surfaces. J. Biomaterial Apple, 27: 862-71, 2013.
  • 18) Takakubo Y, Tamaki Y, Hirayama T, et al.: Inflammatory immune cell responses and Toll-like receptor expression in synovial tissues in rheumatoid arthritis patients treated with biologics or DMARDs. Clin Rheumatol, 32: 853-61, 2013.
  • 19) Huttu MRJ, Puhakka J, Mäkelä JTA, Takakubo Y, Tiitu V, Saarakkala S, Konttinen YT, Kiviranta I, Korhonen RK: Cell - tissue interactions in osteoarthritic human hip joint articular cartilage. Connect Tissue Res, 55: 282-91, 2014.
  • 20) Takakubo Y, Barreto G, Konttinen YT, Oki H, Takagi M: Role of innate immune sensors, TLRs and NLRP3, in rheumatoid arthritis and osteoarthritis. Journal of Long-Term Effects of Medical Implants, 24: 243-51, 2014.
  • 21) Konttinen YT, Pajarinen J, Takakubo Y, Gallo J, Nich C, Takagi M, Goodman SB. Macrophage polarization and activation in response to implant debris: influence by "particle disease" and "ion disease". J Long Term Eff Med Implants, 24: 267-81, 2014.
  • 22) Koivu H, Takakubo Y, Mackiewicz Z, Al-Samadi A, Soininen A, Peled N, Kukis M, Trokovic N, Konttinen YT: Autoinflammation Around AES Total Ankle Replacement Implants. Foot Ankle Int 2015 Dec;36(12):1455-62. (IF; 1,506)
  • 23) Ito J, Takakubo Y, Sasaki K, Sasaki J, Owashi K, Takagi M: Prevention of excessive postoperative sliding of the short femoral nail in femoral trochanteric fractures. Arch Orthop Trauma Surg, 135: 651-7, 2015.
  • 24) Oki H, Kaneko MK, Ogasawara S, Tsujimoto Y, Liu X, Sugawara M, Takakubo Y, Takagi M, Kato Y. Characterization of Monoclonal Antibody LpMab-7 Recognizing Non-PLAG Domain of Podoplanin. Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 34:174-80, 2015.
  • 25) Naganuma Y, Takakubo Y, Hirayama T, Tamaki Y, Pajarinen J, Sasaki K, Goodman SB, Takagi M: Lipoteichoic acid modulates inflammatory response in macrophages after phagocytosis of titanium particles through Toll-like receptor 2 cascade and inflammasomes. J Biomed Mater Res A. 2016 Feb;104(2):435-44. (IF; 3.369)
  • 26) Hirabayashi Y, Munakata Y, Miyata M, Takakubo Y, et al. Clinical and structural remission rates increased annually and radiographic progression was continuously inhibited during a 3-year administration of tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis: A multi-center, prospective cohort study by the Michinoku Tocilizumab Study Group. Mod Rheumatol 2: 1-35, 2016.
  • 27) Takakubo Y, Oki H, Naganuma Y, Sasaki K, Sasaki A, Tamaki Y, Suran Y, Konta T, Takagi M : Distribution of podoplanin in synovial tissues in rheumatoid arthritis patients using biologic or conventional disease-modifying anti-rheumatic drugs. Curr Rheumatol Rev, 22: 2016
著書
  • 1) Takakubo Y, Berce A, Tamaki A, Milošev I, Al-Samadi A, Tiainen VM, Sillat T, Konttinen YT: Wear-corrosion mechanisms. In: 9. LOOSENING OF TOTAL JOINT REPLACEMENT, Book of Bio-tribocorrosion in biomaterials and medical implants. Woodhead Publisher, pp. 74-110, 2013.
  • 2) Takakubo Y, Pajarinen J, Konttinen YT, Trebse R, Coer A, Mackiewicz M, Takagi M, Gallo J: Does it exist something like long-term tolerance to an implant? Aseptic loosening of total hip arthroplasty as a result of local failure of tissue homeostasis. In: Recent Advances in Arthroplasty. ISBN 978-953-307-990-5. Editor: Samo K. Fokter. InTech Publisher, pp. 324-327, 2012.
  • 3) Pajarinen J, Takakubo Y, Mackiewicz Z, Takagi M, Jämsen E, Sheng P, Konttinen YT: Biomaterial-host interactions in aseptic and septic conditions. In: Infected total joint arthroplasty - The algorithmic approach. Editor: Rihard Trebse, Springer Publications, London, UK, ISBN: 978-1-4471-2481-8. pp. 119-131, 2012.
  • 4) Pajarinen J, Takakubo Y, Mackiewicz Z, Takagi M, Konttinen YT: Cytokines and orchestrating of local adverse reaction to prosthetic particles. Aseptic loosening of total hip arthroplasty as a result of local failure of tissue homeostasis. In: Recent Advances in Arthroplasty. ISBN 978-953-307-990-5. Editor: Samo K. Fokter. InTech Publisher, pp. 332-336, 2012.
  • 5) Kaivosoja E, Tiainen VM, Takakubo Y, Rajchel B, Sobiecki J, Konttinen YT, Takagi M : Materials used for hip and knee implants. Saverio A (Ed.), In: Wear of orthopaedic implants and artificial joints. Cambridge, England: Woodhead Publishing Limited, pp. 179-218, 2012.
和文
  • 1) 高窪祐弥、高木理彰、小林真司ら:当科におけるボーンバンクとその使用状況.東北整災誌 51: 25-30, 2007.
  • 2) 高窪祐弥、高木理彰、佐々木明子ら:関節リウマチによる足関節障害に対し同種骨移植併用足関節固定術を施行した1例.日関外誌 26: 137-142, 2007.
  • 3) 高窪祐弥、高木理彰、小林真司ら:人工股関節手術における施設内ボーンバンクの役割と現状.日本人工関節学会誌 37: 182-183, 2007.
  • 4) 高窪祐弥、高木理彰、玉木康信:Toll-like receptor. 整形外科 58: 1256-1257, 2007 南江堂.
  • 5) 高窪祐弥、高木理彰、佐々木明子ら:高度内反足を伴った関節リウマチによる右足関節障害の1例.関節の外科 35: 19-23, 2007.
  • 6) 高窪祐弥、高木理彰、大類広ら:リウマチ性疾患における前足部免荷装具により早期荷重が可能であった前足部矯正術の短中期成績.日本関節病学会誌 27: 153-161, 2008.
  • 7) 高窪祐弥、高木理彰、小林真司ら:セメントレスカップ使用人工股関節置換術における臼蓋外上方部骨移植術の検討.日本人工関節学会誌 38: 602-623, 2008.
  • 8) 高窪祐弥、高木理彰、大泉俊英、佐々木明子、大類広、荻野利彦:高カルシウム血症に続発した結晶誘発性多関節炎の1例.東北整災誌 53: 133-136, 2009.
  • 9) 高窪祐弥、高木理彰、佐々木明子、清重佳朗、荻野利彦:リウマチ性前足部障害に対する両足同時Mann変法の短中期成績.日本関節病学会誌 28: 251-259, 2009.
  • 10) 高窪祐弥、高木理彰、佐々木明子、荻野利彦:滑膜切除術が有効であった乾癬性足関節炎の1例.関節の外科 36: 97-100, 2009.
  • 11) 高窪祐弥、浅野多聞、松木宏史、成田淳、高木理彰、荻野利彦:関節リウマチ患者におけるCT-based navigation systemを用いたTKAの検討.日本人工関節学会誌 39: 102-103, 2009.
  • 12) 高窪祐弥、高木理彰、浅野多聞、村成幸、佐々木幹、玉木康信、梁秀蘭、佐々木明子、仲野春樹、大類広、荻野利彦:生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者における手術症例の検討.日本関節病学会誌 29: 231-236, 2010.
  • 13) 高窪祐弥、高木理彰、梁秀欄、小林真司、佐々木幹、玉木康信、川路博之、石井政次:ミノサイクリン長期投与により骨の黒色調変化(Black bone)をみとめた人工股関節手術例の検討.Hip Joint 36: 672-675, 2010.
  • 14) 高窪祐弥、高木理彰、佐々木幹、小林真司、松木宏史、浅野多聞:人工関節手術患者の腎機能評価におけるシスタチンCの有用性.日本人工関節学会誌 40: 82-83, 2010.
  • 15) 高窪祐弥、佐々木明子、高木理彰:リウマチ性疾患のジャクー関節症における病理組織学的検討.関節の外科 39: 19-23, 2012.
  • 16) 高窪祐弥、佐々木幹、玉木康信、大木弘治、長沼靖、高木理彰、川路博之、石井政次、小林真司:生物学的製剤投与中の関節リウマチ患者における人工股関節全置換術の検討. Hip Joint 39, 1175-1178, 2012.
  • 17) 高窪祐弥、大木弘治、梁秀蘭、高木理彰:生物学的製剤使用下でのリウマチ手術の検討.関節の外科 40: 77-81, 2013.
  • 18) 高窪祐弥、佐々木幹、川路博之、大木弘治、長沼靖、石井政次、小林真司、石井淳二、高木理彰:人工股関節再置換術術後におけるVancouver分類 type B-1大腿骨ステム周囲骨折に対する保存的治療.東北整災誌 56: 34-38, 2013.
  • 19) 高窪祐弥、佐々木幹、川路博之、石井政次、長沼靖、大木弘治、小林真司、高木理彰:人工股関節手術後の大腿骨ステム周囲骨折.東日本整誌, 25: 152-158, 2013.
  • 20) 高窪祐弥、佐々木幹、高木理彰:人工関節の感染.リウマチ科, 50: 224-232, 2013.
  • 21) 高窪祐弥、佐々木幹、大木弘治、長沼靖、梁秀蘭、小林真司、高木理彰:感染症関連関節炎による足関節障害に対し人工足関節置換術を施行した1例.日本人工関節学会誌 43: 737-738, 2013.
  • 22) 高窪祐弥、結城北斗、金野昇、梁秀蘭、大木弘治、平山朋幸、佐々木明子、長沼靖、佐々木幹、大類広、高木理彰: 過去10年間の関節リウマチ患者に対するメソトレキセート投与量の経年的変化と重篤な有害事象の発生率. 日本関節病学会誌、in press.
  • 23) 高窪祐弥、佐々木幹、大木弘治、平山朋幸、成田淳、浅野多聞、、玉木康信、冨樫栄太、川路博之、福島重宣、石井政次、高木理彰: 過去10年間の関節リウマチ (RA)患者に対する人工関節手術件数の推移. 日本人工関節学会誌 44: 741-742, 2014.
  • 24) 高窪祐弥、佐々木幹、大木弘治、平山朋幸、赤羽武、和根崎禎大、高木理彰、玉木康信、川路博之、石井政次、小林真司 : 過去10年間の高齢者不安定型骨盤輪損傷症例の検討. Hip Joint. 2014 ; 40 : 466-468.
  • 25) 高窪祐弥、佐々木幹、長沼靖、梁秀蘭、佐々木明子、高木理彰:山形地区における循環型関節リウマチ病診連携ネットワーク (やらんなネット) の構築と問題点 –二人主治医制の導入を目指して-. 東日本整災会誌、26, 465-470, 2014.
  • 26) 高窪祐弥、佐々木幹、玉木康信、大木弘治、長沼靖、平山朋幸、成田淳、浅野多聞, 冨樫栄太、福島重宣,川路博之、石井政次、高木理彰. 過去10年間の人工関節手術件数の推移-当院と関連病院の傾向と特徴-. 日本人工関節学会誌、45: 773-4, 2015.
  • 27) 高窪祐弥 佐々木幹 玉木康信 長沼靖 高木理彰、人工関節周囲感染の病理組織学的検討. 関節外科、34 (9):、35-41, 2015.
  • 28) 高窪祐弥、結城北斗、金野昇、梁秀蘭、大木弘治、平山朋幸、佐々木明子、長沼靖、佐々木幹、大類広、高木理彰: 過去10年間の関節リウマチ患者に対するメソトレキセート投与量の経年的変化と重篤な有害事象の発生率. 日本関節病学会誌、34: 189-9, 2015.
  • 29) 高窪祐弥、佐々木幹、梁秀蘭、 大木弘治、 長沼靖、 佐々木明子、 大類広、 高木理彰 : リウマチ性疾患における微小粒子と形質細胞様樹状細胞の検討. 日本関節病学会誌、34: 131-4、2015.
  • 30) 高窪祐弥、佐々木幹, 玉木康信, 大木弘治, 長沼靖, 平山朋幸, 成田淳, 浅野多聞, 冨樫栄太, 福島重宣, 川路博之, 石井政次, 高木理彰 : 過去10年間の人工関節手術件数の推移-当院と関連病院の傾向と特徴-. 日本人工関節会誌. 45 : 773-774, 2015.
  • 31) 高窪祐弥、佐々木幹、大木弘治、平山朋幸、玉木康信、高木理彰、川路博之、石井政次、小林真司 : 生物学的製剤時代の関節リウマチ患者における人工股関節全置換術手術件数の推移. Hip Joint. 41 : 356-358, 2015.
  • 32) 高窪祐弥、伊藤重治、佐々木幹、平山朋幸、大木弘治、門馬亮介、玉木康信、川路博之、小林真司、石井政次、高木理彰 : 過去11年間の人工股関節手術件数の推移 -当院と関連病院の傾向と特徴-. Hip joint. 42(2) : 912-914, 2016
  • 33) 高窪祐弥、大石隆太、伊藤重治、長沼靖、梁秀蘭、佐々木明子、佐々木幹、大類広、高木理彰 : トシリズマブ使用関節リウマチ患者における人工関節手術の検討. 日人工関節会誌. 46: 633-634, 2016
  • 34) 高窪祐弥 :  関節リウマチ早期診断・治療のための必須知識、3. RAの診断・治療開始時の検査(血液検査を中心に)、西田圭一郎編、Monthly Book Orthopaedics、東京、全日本病院出版会、29 :19~27, 2016.