スタッフ紹介


村 成幸 プロフィール

顔写真

村  成幸

Mura, Nariyuki


履歴

1989年 山形大学医学部 卒業
山形大学医学部付属病院 整形外科 研修医
1995年 大阪厚生年金病院 整形外科
1996年 山形大学医学部付属病院 整形外科 医員
1998年 山形大学医学部 整形外科 助手
1999年 米国 Mayo Clinic 留学
2001年 山形大学医学部 整形外科 助手
2004年 山形大学医学博士 日本体育協会スポーツドクター
2006年 日本アイスホッケー連盟 スポーツ医・科学委員
2009年 山形大学医学部 整形外科 講師
2011年 吉岡病院整形外科 科長
山形大学医学部 整形外科 非常勤講師

研究テーマ

  • 肩関節外科 バイオメカニクス
  • スポーツ医学 野球選手のメディカルチェック

所属学会・研究会

  • 日本整形外科学会 (専門医 1997年)
  • 日本肩関節学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 東日本整形災害外科学会
  • 東北整形災害外科学会

研究助成・受賞

1999年 日本肩関節学会 高岸直人賞受賞
2008年 日本、ヨーロッパ肩関節学会トラベリングフェロー受賞

主要論文等

英文
  • 1) Halder AM, O'Driscoll SW, Heers G, Mura N, Zobitz ME, An KN, Kreusch-Brinker R: Biomechanical Comparison of Supraspinatus Detachments, Defects, and Retraction. J Bone and Joint Surg. Am 2002; 84-A: 780-5.
  • 2) Heers G, O'Driscoll SW, Halder AM, Zhao C, Mura N, Berglund LJ, Zobitz ME, An KN. Gliding properties of the long head of the biceps brachii. J Orthop Res. 2003 Jan; 21(1): 162-6.
  • 3) Mura N, O'Driscoll SW, Zobitz ME, Heers G, Jenkyn TR, Chou SM, Halder AM, An KN. The effect of infraspinatus disruption on glenohumeral torque and superior migration of the humeral head: A biomechanical study. J Shoulder Elbow Surg. 2003; 12: 179-84.
  • 4) Mura N, O'Driscoll SW, Zobitz ME, Heers G, An KN. Biomechanical effect of patch graft for large rotator cuff tears: A cadaver study. Clin Orthop. 2003; 415: 131-38.
和文
  • 1) 後藤康夫、村成幸、松田雅彦、桃井義敬、荻野利彦:高齢者健常肩の機能評価と加齢的変化.肩関節 1998; 22: 355-358
  • 2) 村成幸、後藤康夫、松田雅彦、荻野俊彦、米田稔:有痛性Bennett lesionに特徴的なCTおよびMR所見は存在するか? 肩関節 1998; 22(3): 419-422
  • 3) 松田雅彦、村成幸、米田稔、関博、瀧内敏明、広岡淳:健常肩のCT関節造影像の検討.肩関節 1998; 22: 407-410
  • 4) 菅原裕史、後藤康夫、村成幸、松田雅彦、桃井義敬、荻野利彦:腱板断裂修復時における腱板の張力測定の試み.東北整形災害外科紀要 1999; 43: 128-130
  • 5) 村成幸、後藤康夫、松田雅彦、桃井義敬、荻野利彦:腱板広範囲断裂に対する一次修復の可否は術前に予測可能か? 肩関節 1999; 23: 391-395
  • 6) 後藤康夫、鶴田大作、村成幸、桃井義敬、松田雅彦:Bankart & Bristow法術後にMRSA感染を生じた1例.肩関節 2000; 24: 509-513
  • 7) 松田雅彦、後藤康夫、村成幸、桃井義敬:結核性胸鎖関節炎の1例.肩関節 2000; 24: 271-274
  • 8) 中川滋人、米田稔、小畠昌規、村成幸、脇谷滋之:Bennett骨棘形成の見られる野球肩における肩関節動揺性.肩関節 2000; 24: 209-212
  • 9) 桃井義敬、村成幸、荻野利彦、後藤康夫、松田雅彦:腱板広範囲断裂に対するパッチ法の術後成績〜パッチ再断裂の有無と肩機能との関係〜.肩関節 2001; 25: 419-422
  • 10) 後藤康夫、村成幸、桃井義敬、鶴田大作、荻野利彦、松田雅彦:肩外転筋力と握力との関係.肩関節 2001; 25: 381-384
  • 11) 三浦純、後藤康夫、村成幸、桃井義敬、吉岡信弥、荻野利彦:三角筋皮下断裂を伴った腱板広範囲断裂の一例.東北整形災害外科紀要 2001; 45: 77-79
  • 12) 桃井義敬、村成幸、荻野利彦、後藤康夫、松田雅彦、山川正紀:鎖骨下静脈狭窄を伴った鎖骨骨折の1例.東北整形災害外科紀要 2000; 44: 197-200
  • 13) 後藤康夫、村成幸、桃井義敬、鶴田大作、荻野利彦、松田雅彦:肩腱板断裂における握力低下の意義.肩関節 2002; 26: 229-232.
  • 14) 村成幸、高原政利、佐々木淳也、原田幹生、荻野利彦、後藤康夫:成長期における野球選手の肩筋力評価 -マイクロフェットを用いて-.肩関節28: 347-350, 2004
  • 15) 村成幸、高原政利、佐々木淳也、原田幹生、荻野利彦、後藤康夫:高校野球選手における投球時肩痛と肩関節の可動域、ゆるみおよび筋力との関係.肩関節 29: 655-658, 2005
  • 16) 桃井義敬、村成幸、後藤康夫、松田雅彦、佐々木淳也、鶴田大作、荻野利彦:上腕骨近位端骨折の保存的治療中の転位と初診時X線所見.東日本整形災害外科学会雑誌 2005; 17: 637-641
  • 17) 桃井義敬、村成幸、後藤康夫、荻野利彦:高校野球選手に発生した肩甲関節窩離断性骨軟骨炎の1例.臨床整形外科 2005; 40: 1277-1281
  • 18) 鶴田大作、村成幸、佐々木淳也、荻野利彦、後藤康夫、桃井義敬、松田雅彦:腱板修復時における腱板断端の張力と術後成績の関係.肩関節 2005; 29: 599-602
  • 19) 村成幸、後藤康夫、松田雅彦、桃井義敬、荻野利彦:腱板広範囲断裂に対する一次修復の可否は術前予測可能か? 日整会誌 80: 194-198, 2006
  • 20) 村成幸、松田雅彦、後藤康夫、桃井義敬、荻野利彦:外傷性肩関節前方不安定症術後の肩筋力の推移 -Caspari変法とBankart & Bristow変法.肩関節 30: 219-222, 2006
  • 21) 武居功、村成幸、桃井義敬、鶴田大作、荻野利彦、後藤康夫、松田雅彦:腱板広範囲断裂に対する大腿筋膜パッチ法術後肩筋力評価と術後成績.肩関節 2007; 31: 349-351
  • 22) 菅原正登、村成幸、高原政利、原田幹生、荻野利彦:中学・高校生競泳選手の肩関節痛.整スポ会誌 2007; 27: 21-27
  • 23) 原田幹生、村成幸、高原政利、鳴瀬卓爾、荻野利彦:腋窩部杭刺創による長胸神経麻痺の1例.東北整災誌 2007; 51: 106-109