スタッフ紹介


丸山 真博 プロフィール

顔写真

丸山 真博

Maruyama, Masahiro


履歴

2004年 山形大学医学部 卒業

所属学会・研究会

  • 日本整形外科学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本手外科学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 臨床スポーツ医学会
  • 骨折学会
  • リウマチ学会
  • 東北整形災害外科学会
  • 東日本整形災害外科学会

資格

  • 日本整形外科専門医
  • 日本整形外科公認スポーツドクター
  • 日本体育協会公認スポーツドクター

主要論文等

英文
  1. Maruyama M, Satake H, Takahara M, Harada M, Uno T, Mura N, Takagi M. Treatment for Ulnar Neuritis Around the Elbow in Adolescent Baseball Players: Factors Associated With Poor Outcome. Am J Sports Med. 2016 Dec 9. [Epub ahead of print]
  2. Maruyama M, Harada M, Satake H, Tomohiro U, Takagi M, Takahara M. Bone-peg grafting for osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. J Orthop Surg (Hong Kong). 2016;24:51-6.
  3. Satake H, Hanaka N, Honma R, Watanabe T, Inoue S, Kanauchi Y, Kato Y, Nakajima T, Sato D, Eto J, Maruyama M, Naganuma Y, Sasaki J, Toyono S, Harada M, Ishigaki D, Takahara M, Takagi M. Complications of Distal Radius Fractures Treated by Volar Locking Plate Fixation. Orthopedics. 2016;23:1-4.
  4. Kadoma C, Takahara M, Maruyama M, Satake H, Takagi M. Ultrasonographic Assessment of the Flexor Pollicis Longus Tendon After Plate Fixation. Orthopedics. 2016 Oct 25:1-5
  5. Maruyama M, Takahara M, Harada M, Satake H, Takagi M. Outcomes of an open autologous osteochondral plug graft for capitellar osteochondritis dissecans: time to return to sports. Am J Sports Med. 2014 Sep;42(9):2122-7.
  6. Harada M, Takahara M, Maruyama M, Takagi M. Characteristics and prognosis of medial epicondylar fragmentation of the humerus in male junior tennis players. J Shoulder Elbow Surg. 2014 Oct;23(10):1514-20.
  7. Harada M, Takahara M, Maruyama M, Nemoto T, Koseki K, Kato Y. Assessment of medial elbow laxity by gravity stress radiography: comparison of valgus stress radiography with gravity and a Telos stress device. J Shoulder Elbow Surg. 2014 Apr;23(4):561-6.
  8. Satake H, Ogino T, Eto J, Maruyama M, Watanabe T, Takagi M. Radiographic features of Kirner's deformity. Congenit Anom (Kyoto). 2013 Jun;53(2):78-82.
  9. Satake H, Takahara M, Harada M, Maruyama M. Preoperative imaging criteria for unstable osteochondritis dissecans of the capitellum. Clin Orthop Relat Res. 2013 Apr;471(4):1137-43.
  10. Maruyama M, Takahara M, Kikuchi N, Ito K, Watanabe T, Ogino T. Snapping elbow with congenital radial head dislocation: a case report. J Hand Surg Am. 2010 Jun;35(6):981-5.
  11. Maruyama M, Takahara M, Kikuchi N, Ito K, Watanabe T, Ogino T. De quervain disease caused by abductor pollicis longus tenosynovitis: a report of three cases. Hand Surg. 2009; 14(1): 43-47.
和文
  1. 丸山真博, 原田幹生, 宇野智洋, 佐竹寛史, 高原政利, 高木理彰 : 山形県における小中学生の野球肘検診の取り組み. 整スポ会誌. 36:12-15,2016.
  2. 丸山真博, 高原政利, 原田幹生, 高木理彰 : Ⅲ 各疾患に対する理学療法[肘関節] 2 野球肘. 臨床スポーツ医学編集委員会編, スポーツ外傷・障害の理学診断理学療法ガイド. 東京 ; 文光堂, 2015 : 255-258
  3. 丸山真博, 高原政利 : 小児スポーツ障害 肘頭骨端線閉鎖遅延・疲労骨折に対するスクリュー固定. 金谷文則, 戸山芳昭編, 整形外科手術イラストレイテッド 上腕・肘・前腕の手術, 東京 ; 中山書店, 2015 : 254-257
  4. 丸山真博, 高原政利 : Ⅱ 肘関節疾患の治療 離断性骨軟骨炎(上腕骨小頭) 術式選択. 今谷潤也編, 肘関節手術のすべて. 東京 ; メジカルビュー社, 2015 : 142-146
  5. 丸山真博,村成幸,高原政利.原田幹生,佐竹寛史,高木理彰.上腕骨内側上顆裂離に対する保存治療成績.日本肘学会誌21:69-73,2014.
  6. 丸山真博,原田幹生,高原政利.野球選手の肘内側側副靭帯損傷に対する画像診断.日本整形外科スポーツ医学会誌.34:190-195,2014.
  7. 丸山真博,原田幹生,高原政利.野球選手における投球時肘痛と投球パフォーマンスとの関係.日本整形外科スポーツ医学会誌.34:39-44,2014.
  8. 丸山真博,高原政利,原田幹生,村成幸,佐竹寛史,高木理彰.高校野球選手における体の痛みと野球の支障内容との関係.日本臨床スポーツ医学会誌.21:687-493,2013.
  9. 丸山真博,高原政利,平野知恵子,根本忠信.手根管症候群に対する溝付きガラスチューブを用いた鏡視下手根管開放術の成績.日本手外科学会誌.30:105-109,2013.
  10. 丸山真博,高原政利,平野知恵子,根本忠信.スポーツ選手における肘周辺の尺骨神経障害の手術治療成績.日本肘関節学会雑誌.20:211-215,2013.
  11. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐竹寛史,高木理彰.上腕骨小頭離断性骨軟骨炎のICRS分類OCDIIに対する骨釘移植術の治療成績.JOSKAS.38:420-427,2013.
  12. 丸山真博,佐藤哲也,森倫夫.早期スポーツ復帰を目指し手術治療を施行した上前腸骨棘裂離骨折の6例.JOSKAS.37:499-503,2012.
  13. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐竹寛史.高校野球選手における守備位置と全身の各部位の痛みとの関係.日本臨床スポーツ医学会誌.20:480-486,2012.
  14. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐竹寛史.一般高校野球選手における主観的評価表を用いた調査.日本臨床スポーツ医学会誌.20:504-509,2012.
  15. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐竹寛史,高木理彰.上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する骨軟骨柱移植術.日本肘関節学会誌.19:91-97,2012.
  16. 丸山真博,高原政利,原田幹生,石井政次,村成幸,佐々木淳也.高校生やり投選手の肘障害調査.日本臨床スポーツ医学会誌.19:447-452,2011.
  17. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐々木淳也,村成幸,荻野利彦.投球パフォーマンスの主観的評価の試み―中学・高校生の野球選手における肘障害に関する検討―.日本整形外科スポーツ医学会雑誌.31:69-73,2011.
  18. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐々木淳也,村成幸,荻野利彦.中学野球選手における投球パフォーマンスの主観的評価と握力およびピンチ力との関係.日本肘学会誌.18:1-4,2011.
  19. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐々木淳也,村成幸,鈴木智人,荻野利彦.中学野球選手における投球時の肘痛と肘・手関節筋力との関係.日本整形外科スポーツ医学会誌:2010, 30: 35-39
  20. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐々木淳也,村成幸,鈴木智人,荻野利彦.投球時肘痛と投球の支障度との関係.日本臨床スポーツ医学会誌:2010, 18: 470-473.
  21. 丸山真博,高原政利,原田幹生,佐々木淳也,村成幸,荻野利彦.野球肘と投球障害の主観的評価との関係.日本肘関節学会誌:2010, 17: 94-96.
  22. 丸山真博, 小林真司, 佐竹寛史, 浦山安広, 針生光博, 成田淳, 高木理彰, 荻野利彦.術前に診断できなかった大腿骨骨幹部骨折に併発した頸部骨折の2例.東北整形災害外科学会雑誌2009,53:157-162.
  23. 丸山真博,針生光博,佐竹寛史,蓮池尚文,浦山安広.外側半月板断裂に伴う血管損傷が原因であった特発性膝関節血症の1例.関節鏡雑誌.2009,34:34-41.
  24. 丸山真博,柏英雄,佐竹寛史.母趾切断再接着の1例.整形外科2008, 59: 1228-1231.
  25. 丸山真博,高原政利,渡邉忠良,荻野利彦.四肢コンパートメント症候群の治療経験.東北整形災害外科学会雑誌2008, 52: 46-51.
  26. 丸山真博, 高原政利, 菊地憲明, 伊藤和生, 渡邉忠良, 荻野利彦.APL腱が主因と考えられたde Quervain病の3例.臨床整形外科2008, 42: 1221-1225.
  27. 丸山真博,高原政利,菊地憲明,伊藤和生,渡邉忠良,荻野利彦.先天性橈尺骨癒合症に合併した弾発肘の1例.日本肘学会誌.2007, 14: 228-230.
総説・解説
  1. 丸山真博,高原政利【肘不安定症】OCDと肘不安定症② 治療と予後.関節外科.35:1316-1321,2016.
  2. 丸山真博,高原政利【環・小指のしびれを主訴とする疾患鑑別】スポーツによる肘周辺の尺骨神経障害.関節外科.35:818-822,2016.
  3. 丸山真博,原田幹生,高原政利.【スポーツ障害-最新の知識と治療法-】 (Part4)スポーツ障害の診断と治療(部位別) 肘関節のスポーツ障害.Bone Joint Nerve 4: 679-686,2014.
  4. 丸山真博,高原政利.【アスリートの関節軟骨損傷】アスリートの肘関節骨軟骨障害の治療.臨床スポーツ医学.30:339-347,2013.
  5. 丸山真博, 高原政利【関節鏡視下手術と術後リハビリテーション】 手術編 肩関節・肘関節 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する骨軟骨柱移植術 臨床スポーツ医学.30:46-51,2013.
  6. 丸山真博,高原政利.【離断性骨軟骨炎の診断と治療】上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の診断と治療.MB Orthopaedics.25:1-6,2012.
  7. 丸山真博,高原政利.【臨床現場に必要な運動器画像診断入門】肘スポーツ傷害の画像診断.MB Medical Rehabilitation.149:117-123,2012.
  8. 丸山真博,高原政利.【研修医が知っておきたいスポーツ整形外科入門】部位別スポーツ外傷・障害.肘関節外科.関節外科.30:93-103,2011.