お知らせ


DMAT技能維持研修に参加してきました!

2016年12月02日 | 活動報告

11月26日、27日に青森市のねぶたの家ワ・ラッセで行われたDMAT技能維持研修にDMAT隊員である根本先生が参加致しました。DMATは隊員資格取得後、継続的に訓練、研修に参加しその練度を維持、向上させる必要があります。今回も災害時に使用する医療情報システムの操作訓練、机上訓練、演習などを通して災害時の動きを改めて確認したようです。

 会場は青森ねぶたの展示施設も併設されていることから、ねぶた囃子を聞きながらの研修となりました。
 今後も積極的に訓練、研修に参加していく予定とのことでした。
 根本先生、お疲れ様でした!

※DMAT(disaster medical assistance team):

地震等の大規模自然災害、交通事故、航空機事故等の多数の負傷者が予想される災害時に出動する専門的な研修と訓練を積んだ医療チームです。医師、看護師、業務調整員の計4-5名で構成され、発災直後に現場に出動し情報収集、災害対策本部での指揮調整、医療活動等を行います。