診療班のご紹介


脊椎・脊髄病診療班のご紹介

担当医師

橋本 淳一 (はしもと・じゅんいち)  
山川 淳一 (やまかわ・じゅんいち)  
鈴木 智人 (すずき・ともと) 大学院生
嶋村 之秀 (しまむら・ゆきひで)  
赤羽 武 (あかばね・たける)  
武井 寛 (たけい・ひろし) 非常勤講師

外来診療日

毎週月曜日・水曜日・金曜日 (予約制)

※紹介状ご持参の方は予約不要ですが、初めに新患担当医が診察します。
※可能な限り紹介状を持参でお願いいたします。


手術日

毎週火曜日


診療の内容

  • 背骨の変形(側わん症や腰曲がりなど)
  • 背骨とその中にある脊髄(せきずい)神経の障害・腫瘍
  • 骨そしょう症(骨がもろくなる病気)
  • 手がうまく使えない、歩きづらいなど、手足の動きのぎこちなさ、麻痺(まひ)
  • 首や腰、背中の痛み
  • 手足の痛みやしびれ
  • その他背骨に原因のある病気一般

主な担当疾患

  • 側弯症(そくわんしょう)
  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)
  • 脊髄(せきずい)腫瘍
  • 脊椎(せきつい)腫瘍
  • 腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
  • 関節リウマチによる頸椎(けいつい)亜脱臼、不安定症
  • 脊髄症(せきずいしょう)
  • 椎間板(ついかんばん)ヘルニア
  • 神経根症(しんけいこんしょう)
  • 腰椎分離(ぶんり)症・すべり症
  • 靱帯骨化症(じんたいこつかしょう)
  • 化膿性(かのうせい)脊椎炎
  • 結核性(けっかくせい)脊椎炎
  • 脊髄空洞症(くうどうしょう)
  • その他

特殊な治療方法

内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(MED)
従来椎間板ヘルニアの手術には5cmほどの皮膚と筋肉の切開が必要でしたが、内視鏡(胃カメラのようなもの)を用いることによって、1.8cmほどの切開で手術を行うことが可能になりました。
In situ contouring techniqueによる脊柱変形の矯正
変形した脊柱に沿って設置した純チタン製ロッドを術野内で矯正することによって、変形の進行を逆にたどる、安全かつ有効な矯正がはかられます。
スムースロッドと超高分子ポリエチレンケーブルを使った脊柱変形の矯正(橋本法)
骨粗鬆症によるもろい背骨を優しく、且つしっかりと把持して矯正することで、良好な矯正と、固定隣接椎の新たな骨折などの合併症を低減することが出来ます。

参考写真

側弯症

側弯とは、脊柱が捻れを伴いながら左右の方向に曲がる脊柱変形の状態です。 乳幼児から認められる先天性側弯症や様々な全身性疾患に併発する症候性側弯症、若年者に発症する特発性側弯症などがあります。
年齢や側弯の原因、側弯の程度により個々の症例に応じて治療法を選択していきます。 側弯が軽度の症例では装具療法を行ないますが、側弯のカーブが大きい症例や幼少期から側弯が進行する症例では手術治療が必要となります。
手術は一般的に背側から行なう後方法と、側方から行なう前方法があり、金属製のスクリューやフックなどを組み合わせて使用する手術を行ないます。

写真:側弯症
変性(後)側弯症

変性(後)側弯症とは、加齢によって脊椎骨が変形すること(変性)で脊柱が側方に変形(側弯)または前傾方向に変形(後弯)する状態です。
立位、歩行時の腰背部痛が主な症状ですが、変形の程度によっては神経が圧迫を受けて下肢痛や下肢のしびれ、筋力低下などを生じることもあります。 側弯や後弯が進行するといわゆる「腰曲がり」の状態となり、体の重心バランスが悪くなり腰背部痛も悪化します。
腰背部痛や神経症状が強い場合には手術治療を必要とすることがあります。 神経の圧迫を取り除く除圧術から、金属性の内固定材を用いて脊柱の変形を矯正して広範囲に固定する矯正固定術まで手術法の規模や侵襲は幅広く、 個々の症例の脊柱の後側弯の程度や神経症状の程度に応じて手術法を検討しております。

写真:変性(後)側弯症
棘突起間スペーサー挿入術

腰部脊柱管狭窄症では、腰椎の中を通る神経の通り道(脊柱管)が年齢による変化(椎間板狭小化、椎間関節の変形、黄色靭帯のたるみなど)によって狭くなり、 その中にある神経を圧迫している状態です。
症状としては下肢の痛み・しびれ・筋力低下、間欠性跛行(20メートルから数百メートル歩くと足の痛みやしびれなどの症状が出てきて歩けなくなり、 椅子に腰を下ろす動作や腰を曲げて休むことにより症状が軽くなり、また、歩けるようになる症状)などの症状が引き起こされます。
一般的に脊柱管狭窄症の手術の基本的な考えは、狭くなった脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除くことです。 そのためには、狭窄が発生している部位周辺の骨を削る、あるいは靭帯を取り除く作業を行ないます。
当院では坐れば症状が軽快したり、カート等で前傾姿勢だと痛みが減少する場合、症例によっては局所的腰椎伸展防止を目的とした、 棘突起間スペーサー挿入術を行なっております。 この手術は脊柱管狭窄がある腰椎棘突起間にスペーサーを入れて前に曲げて、狭窄した状態にある脊柱管を間接的に拡げて症状を緩和させるものです。
この手術の長所は、傷も小さく体の負担が少ないこと、全身麻酔のほか局所麻酔でも可能なこと、手術による神経麻痺が起きにくいことです。

写真:棘突起間スペーサー挿入術
脊椎・脊髄腫瘍

脊椎腫瘍は脊柱(背骨)にできる腫瘍であり、原発性脊椎腫瘍と転移性脊椎腫瘍に分類されます。
脊髄腫瘍は背骨の中の神経の通り道(脊柱管)の中で脊髄またはその周囲組織から発生する腫瘍です。 硬膜外腫瘍(硬膜の外側にできて硬膜の外から脊髄を圧迫するもの)、硬膜内髄外腫瘍(硬膜の内側で脊髄と硬膜の間に腫瘍ができて脊髄を圧迫するもの)、 髄内腫瘍(脊髄の中から発生するもの)に分類されます。
初発症状は疼痛やしびれが最も多くみられます。 腫瘍によって背骨が破壊されることで支持性が失われたり、神経が圧迫されることにより症状が出現します。 運動障害や知覚障害をきたし、進行すると麻痺になります。
診断にはレントゲン撮影、CT検査、MRI検査などで診断をつけていきます。
脊椎腫瘍では、転移性脊椎腫瘍が最も多く、麻痺を生じていない場合は放射線療法などが選択されますが、 重篤な麻痺を生じた場合は緊急手術を施行することもあります。 手術の時期を逸すると麻痺が残存することがあるため、これらの手術は生活の質の維持にも非常に重要となってきます。
脊髄腫瘍は腫瘍の性質によって治療方針は変わってきますが、良性のものが多く、症状が出てきた場合は可能な限り摘出術を行なっております。

写真:脊椎・脊髄腫瘍
関節リウマチ性脊椎病変

関節リウマチ(RA:Rheumatoid arthritis)では運動器の機能障害により日常生活動作の障害が起きやすいため、 治療については関節の炎症をコントロールすること、関節機能損失の防止、また失った機能を再建することが重要です。 脊椎でも頚椎から仙椎まで、関節(椎間関節)、椎体、軟骨、靱帯に侵食や破壊が起こります。 更に脊椎の中にある脊柱管では脊髄神経や馬尾、神経根が通るので、手足のしびれや動かしにくい等の神経症状が出現した場合、手術が必要となることがあります。 近年では新しいお薬である生物学的製剤の使用により関節での炎症が制御される傾向にありますが、RA脊椎病変に対する効果はまだ不明な点が多いとされています。
RA頚椎病変には、環軸椎病変と中下位頚椎病変があります。 環軸椎は関節面が水平であるため、関節炎から靱帯の破綻に至ると亜脱臼を生じ、環軸椎水平性亜脱臼、 関節軟骨から骨の破壊に進行すると環軸椎垂直性亜脱臼、また第3頚椎以下では軸椎下亜脱臼と なります。 手術法としては、環軸椎の亜脱臼に対してはマーゲル法、ハームス法や椎弓スクリュー法等の環軸椎を固定する手術が、 また後頭骨スクリューを追加した後頭骨・頚椎固定術が必要となることもあります。
RA腰椎病変は、椎間関節破壊に加えて骨脆弱性、椎体の破壊、椎間狭小、また椎体のすべりが特徴的であり、 通常の加齢変性による後側弯変形よりもRAによる変形の方が高頻度といわれています。 痛みや神経症状により運動や生活が強く障害される場合、手術治療が行なわれます。 手術法として、神経の圧迫を解除する除圧術のみでなく、骨脆弱性や不安定性が存在する例ではインストゥルメント (脊椎固定用金属)の使用等による外科的介入が行なわれることが増えています。
最近では新しい生物的製剤の使用等によりRA治療に対する考え方が大きく変わってきており、RA脊椎病変に対する外科的治療の位置づけや手術方法は大きく変化しています。 当科では、今後もRA脊椎病変に対する 新しい治療法に関する研究を続けてまいります。

写真:関節リウマチ性脊椎病変
掌蹠膿疱症性骨関節炎およびSAPHO症候群

掌蹠膿疱症性骨関節炎は、手掌や足底に生じる皮膚疾患である掌蹠膿疱症に、前胸壁の骨関節症状を合併する疾患です。 胸骨、肋骨、鎖骨の間の靭帯や関節の袋に慢性的な炎症を生じ、痛みを伴います。掌蹠膿疱症性骨関節炎の患者さんの約1/3に脊椎病変を伴います。
SAPHO症候群とは、痤瘡に伴い、前胸壁の関節炎が異常な骨化を呈する疾患です。前述の掌蹠膿疱症性骨関節炎に類似しており、やはり脊椎病変を伴うことがあります。
いずれの疾患も脊椎病変を伴うため、鑑別診断も含めて脊椎外科医が診る機会も少なくありません。
単純X線写真では、胸骨と鎖骨の関節が異常な骨化を呈することが特徴です。CT写真では、異常な骨化が明瞭に判定できます。 最新の画像検査であるFDG-PET/CT写真では、関節炎を呈する部分がオレンジ色に光っており、視覚的に非常にわかりやすい画像となっています。
当グループでは、各種画像診断を駆使して診断にあたっています。
前胸部に腫脹を伴う痛みを生じる場合には、当グループにご相談ください。

写真:掌蹠膿疱症性骨関節炎およびSAPHO症候群
強直性脊椎炎

強直性脊椎炎は、脊椎や仙腸関節に病変を持ち、さらに股関節などの大関節に慢性炎症と進行性の骨性強直(骨がかたくなって動かなくなる)をきたす疾患です。
初期症状は腰部や殿部、背部の頑固な痛みですが、骨性強直が進行してくると運動制限を伴うようになります。
脊椎では、腰から徐々に病変が上行します。 骨性強直によって脊椎の可動域が減少し、次第に後弯が進行すると、背中が丸くなり歩行時に前を見ることが困難になる場合があります(前方視障害)。 前方視障害が生じた場合には、手術療法が考慮されます。
当グループでは、腰の骨を楔状に切って角度を変えて金属で固定する手術法を行なっています。 手術によって前かがみになっていた腰が後ろに反り、前方視障害を改善させることが可能です。
本疾患のため前を向いて歩くのが困難となってくる際には、当グループにご相談ください。

写真:強直性脊椎炎

主な研究テーマ

  • 側わん症・脊柱変形
  • 脊椎・脊髄腫瘍
  • 骨粗鬆症性脊椎・脊髄障害
  • 関節リウマチの脊椎・脊髄障害
  • 内視鏡・顕微鏡・低侵襲手術
  • 山形大式脊柱管拡大術
  • 山形大式ルーキーロッド(G-rod)
  • 骨形成因子による骨の誘導
  • 椎間板変性とムコ多糖類
  • 内固定材料周囲の骨融解
  • 脊髄神経細胞内シグナル伝達系