診療班のご紹介


膝関節診療班のご紹介

担当医師

成田 淳 (なりた・あつし)  
鈴木 朱美 (すずき・あけみ)  
山本 尚生 (やまもと・たかお)  
浅野 多聞 (あさの・たもん) 非常勤講師

外来診療日

毎週金曜日 (予約制)

※紹介状ご持参の方は予約不要ですが、初めに新患担当医が診察します。


手術日

毎週火曜日


診療の内容

膝関節機能に関係する疾患や外傷全般を扱います。

  • 膝の痛み
  • 膝関節の不安定感
  • 歩行障害
  • スポーツ外傷

主な担当疾患

  • 変形性膝関節症
  • 膝内障
  • 膝前十字靭帯損傷
  • 膝後十字靭帯損傷
  • 膝側副靭帯損傷
  • 膝半月板損傷
  • 骨軟骨損傷
  • 膝滑膜炎
  • たな障害
  • 膝関節周囲の骨折、脱臼
  • スポーツ障害
  • 関節リウマチ
  • 膝蓋骨脱臼、亜脱臼症候群

特殊な治療方法

人工膝関節全置換術
変性した膝関節を金属製の人工膝関節に置換します。疼痛の改善とともに歩行の安定が得られます。
人工関節単顆置換術
変形した内側(または外側)のみを人工関節で置換します。 膝関節内の靱帯を温存し、きずが小さく、出血も少なく手術を行なうことが可能です。
前十字靱帯再建術
断裂した十字靱帯を、膝屈筋腱(ハムストリング腱)または骨付き膝蓋腱を用いて再建します。 スポーツの種類や活動性によって再建方法を選択しています。
骨切り術
すねの骨やふとももの骨を切り、角度を矯正することによって痛みを和らげます。 人工関節を用いることなく関節を温存し、自分の骨で治すことが可能です。
骨軟骨柱移植術
小さな軟骨損傷に対し、他の部分から骨軟骨柱を採取して移植します。
自家培養軟骨移植術
やや大きめ(4cm2以上)の軟骨損傷、軟骨欠損に対して行ないます。 現段階では変形性膝関節症には行なうことはできません。 自分の軟骨を採取し4週間培養します。その後、軟骨の欠損部に移植を行ないます。
半月板縫合術
半月板を可能な限り切除せず、積極的に縫合術を行ない温存を目指しています。 フィブリンクロット(自分の血液から作る血液の塊)を用いて成功率の向上を目指しています。

主な研究テーマ

  • 前十字靭帯機能不全が軟骨、半月板に与える影響
  • 軟骨変性のメカニズム解明と変性予防の研究
  • 人工関節の運動解析
  • スポーツ外傷の発生原因と予防について