学生・研修医の方へ


救急・外傷・災害医療

外傷医療:外傷整形外科医として

当講座関連病院には救命救急センター設置施設も含めて日々多くの外傷患者さんが搬送されてきます。
特に重症外傷であればあるほど、迅速かつ専門的な対応が必要です。

当講座医師の中でも外傷を勉強する者は、救急科の医師をはじめとした多くのスタッフと協力しながら外傷蘇生、ダメージコントロール手術、根治的手術、リハビリテーションまで担当しています。

ドラマよりもドラマチックな現場がそこにあります。

救急医療:フライトドクターとして

山形大学医学部整形外科教室員の中には山形県ドクターヘリに搭乗するフライトドクターの資格を持つ者がおります。

重症患者さんのもとへフライトナースと共に飛んでいき、救命医療を行いながら搬送します。

現場で超急性期医療に貢献する整形外科医がそこにいます。

災害医療:DMATドクターとして

DMATロゴマーク

山形大学医学部整形外科教室員の中には災害医療派遣チーム(DMAT)隊員の資格を持つ者がおります。山形大学医学部附属病院を含めた関連病院のDMAT指定病院に所属しています。

東日本大震災でも当講座より被災地へ派遣されましたが、災害大国日本において、いつ、どこで災害が起きようとも迅速に対処できるように、他の隊員とともに、訓練・研修を積んでいます。

さらにDMATだけではなく、医療救護班、JRAT等の一員として、急性期から慢性期まで幅広くカバーします。

混乱した災害時に頼りになる整形外科医でありたいと思います。